ハワイ挙式を安い費用でできるプロデュース会社はどこ?安い時期も調査!

Pocket

ハワイ挙式をする人たちは
とても増えていますよね。

日本国内のウエディングと違い
ハワイ挙式はとても非日常的で
一生に一度の一日を過ごすことが出来る
大人気のウェディングの形です。

今回は、
安い費用でハワイ挙式をする方法と
注意すべき点についてまとめてみました。

ハワイ挙式の相場


まずはハワイ挙式の相場から。

一般的に皆ハワイ挙式に
どのくらいの費用を
かけているのでしょうか。

もちろん金額は、
挙式会場によって違いますし、
挙式の後のお食事会
(日本でいうところの
披露宴のようなもの)

をするかどうかによっても
変わってきます。

ですが、大体のケースが
挙式の部分だけで100万円ほどに
なることが多いよう。

この100万円という金額に
いったい何が含まれているのか、
詳しく見ていくと・・・


・基本代金(チャペルの使用料)
・衣装(ドレス・タキシード)
・お花(結婚式に必要不可欠なブーケ)
・アルバム(売れ筋は20万~30万円台のもの)

この4点が含まれて
おおよそ100万円くらいになっている
ケースが多いようです。

まずこの100万円というのを
頭に入れておきましょう。

これと別にもちろん旅費がかかります。

旅費自体は滞在ホテルのランクによって
大きく変わります。

一般的には2人合わせて50万円から
70万円ほどが相場ではないでしょうか。

つまり、挙式と旅行で170万円ほどが
ハワイウエディングの相場と
考えて良さそうですね。

安い費用でハワイ挙式が
できるプロデュース会社

2008052400500000


結婚式に100万円か・・きついな。
と思った方も多いと思います。

しかし、
数あるウエディング会社の中には、
比較的安価なプロデュース会社
というものも存在します。

それは
【クチュールナオコウエディング】

ここは数ある
プロデュース会社の中でも
比較的安い費用でハワイ挙式が
できる会社だそうですよ。

クチュールナオコウェディングは

「ダイヤモンドヘッド・アネラ・
ガーデンチャペル」

「セント・アンドリュース・
カテドラル教会(大聖堂)」

などの会場を取り扱うプロデユース会社。

基本料金が安いので、
総額を抑えたいカップル向けと言えます。

ただし、
会場からは海は見えないそうなので
料金を抑えられるのであれば
海の目の前のウエディングでなくてもよい!

というカップルにはおすすめと言えそうです。

安い会社だと教会やサービス、
ドレス、食事などの質は落ちる?


それでは、実際安い会社の結婚式
のクオリティはどうなのでしょう。

ぶっちゃけ話を
海外挙式の関係者に聞いてみたところ
結局のところ、料金が安いというのには
理由がある。と聞きました・・・。

やはり料金が安ければクオリティは
落ちるのも覚悟した方が良さそうです。
それはそうですよね。

とはいえ、
「料金は安いが、クオリティは高い!」

ということを売りにしている
会社があるかもしれません。

でも、業界の人からしたら
まずそんなことは不可能なんだそう。
疑ってかかった方がよさそうですね。

安い費用を最優先させた場合、
いくつか我慢することがでてきます。

例えば、ドレスです。
たとえば、10万円の場合は
3着の選択肢のみ。

これが20万円まで予算をあげると
10着から選べるようになったり、
細部までこだわった
もっともっと質の良いドレスが
選べるようになったりするわけです。

実際私も色々試着して
感じましたがかわいいドレスは
高かったです。

タキシードに関してもそうです。

ハワイのような海の綺麗な場所で、
真っ黒のタキシードは
少し重たいですよね。

流行りのシャンパンベージュのものや、
ホワイト、丈の長いロングタイプのものと
短めのもの・・・。

これらも2,3万円では
全く選べなかったものが
8万円から10万円まで
予算を挙げると

たくさんのカラーや
スタイルから選べるようになるのです。

同じことがお花にも言えます。

基本的にプランの中にブーケは
含まれていることが多いのですが、

これもまたプラス料金を支払うことで
たくさんの可愛らしいお花から
好みのものを選ぶことが
出来るようになっています。

実際私も満足のブーケにするために
追加料金を支払いました。

そしてお食事。
これは国内の披露宴でも同じことが
言えますが、単純にフルコースの
内容によって金額が変わります。

当たり前ですよね。
なのでもちろん食事のボリュームや、
使う食材のレベルは
目に見えて変わります。

食事にこだわりたいのであれば
ここはしっかり、
よいものを選びたいところですね。

安い費用でハワイ挙式する
際の注意点やデメリット


つまり、
「ハワイウエディングを安い費用に抑える」
ことは可能です。

ただ、安くするにはその分いろいろな面で
妥協しなければなりません。

・ドレスの選択肢
・食事の内容
・お花の選択肢
・会場の高級感


このような点がやはり変わってくるわけです。

なのでここにあまりこだわらないのであれば
しっかり費用を抑えていくことができます。

ただ、「費用はおさえたい、
でもクオリティにこだわりたい」
というのはかなり難しいというのが現実です。

また、費用を抑える場合に知っておいた方が
よいことがあります。

それは、結婚式において費用が
一番かかるのは「写真・映像」の部分
であるということです。

アルバムに関しては高額なものだと
50万円なんていうものもあります。
高いですよね・・。

ただ、よく考えたいのは、
「何のためにハワイでウエディングをするのか」
ということ。

写真が目的であれば
ここで費用をおさえてしまっては
元も子もないですよね。

私たちも
ビデオ代にかなりお金をかけました。

こだわりたいところにはこだわりましょう。
そしてそれ以外のところで
費用を抑えるようにするのが大切ですね。

安い費用でハワイ挙式するには
契約時が一番大事!


ハワイウエディングの費用を
抑える方法は

「契約時が一番のチャンス」

なんだそう。

一番初めの契約時に
出来る限り安く契約をすることが
大切なのです。

そして、
ハワイ挙式の商品は
必ず毎年1月に大きな格安プランが
発売されるということですよ。

一年のうちで安く契約できる
またとないチャンスなのです。

これはどこのウエディング会社も
同じだそう。要はセールですね。

この時に契約するとしないとでは、
スタートラインが違います。
(20万から30万ほど安くなるケースも
ざらにあるんだとか)

ですので、
まずはこの時期を狙って
予約するのがおすすめです。

今月はアールイズウェディングで
キャンペーン実施中




現在アールイズウェディングでは
基本挙式料50%OFFキャンペーンを
数組限定で実施しています。

人気のチャペルでの挙式が
安い費用でできるチャンスですので
ぜひチェックしてみてください。

アールイズ・ウエディング

こだわりたいところはしっかり
こだわりつつ、抑えるところは抑えて
理想通りの結婚式が叶いますように。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る