ブライダルエステで失敗しないために。気にすべきポイントはこれ

Pocket

ブライダルエステは、
花嫁支度の定番。

一生で一度だからこそ、
今までにない美しさで
特別な日を迎えたいですよね。

ブライダルエステでは、
たった一つのポイントさえ重視すれば、
思い描いていた自分の姿以上の
仕上がりになります。

では、そのポイントとは?

現役ウェディング司会者として
これまで多くの経験を持ち、
今も毎週のように新たな花嫁と接し続ける
Aさんに、リアルな情報を聞いてきました。

ブライダルエステで
重視すべきポイントとは


挙式や披露宴に出席するゲストが
注目する花嫁。

特に披露宴は、
新たに夫婦となった二人を
皆様にお披露目する場所ですから、
ある意味で新郎新婦のための
ショーのようなものです。

新郎新婦は、
列席してくださったゲストの皆様を
おもてなしする立場ですから、
身だしなみや振る舞いも
「ゲスト目線」が大切。

披露宴直後の花嫁は、
よく「たくさんの人に囲まれて、
まるで、記者会見のようだった」
と披露宴中の様子を話してくれるそうです。

ですから、
ブライダルエステでは
「どのようにすればゲストから美しく見えるか」
に重点を置きましょう。

当日は、たくさんのゲストが
新郎新婦の周りを取り囲み、
お祝いを届けに来てくれます。

素敵な姿をゲストの目に
留めておきたいですよね。

入念にお手入れするなら、
この部位を


ゲストの皆さんの前に立ち、
祝福を受ける二人。

きっと当日は、
笑顔でいることでしょう。

さて、この時最も目立つのは、
正面の姿だと思っていませんか。
実は、違います。

出席のゲストに
「花嫁のどの姿が一番印象的でしたか」
と話を聞くと、
意外にも多い回答が「横から見た姿」。

想像してみてください。
バージンロードを歩く時、

挙式中、

入場などで
ゲストテーブルの間を通る時・・・。

ゲストが間近で花嫁姿を目にするのは、
横から見た姿がとても多いのです。

また、結婚式の最中は、
たくさんのゲストがカメラを構えて
二人の素敵な瞬間を撮ろうとしています。

全てカメラ目線を合わせて、
リクエストに応えられるわけでは
ないので

ゲストのカメラに写っている
二人の姿には横顔が多いのです。

だから、
入念にお手入れをするのなら、
あごの下などのフェイスラインは必須。

また、最近では胸元の大きくあいた
ビスチェタイプのウェディングドレスが
人気ですよね。

これを着るなら必ずお手入れしたいのが、
背中です。

背中は、手も目も届きにくい部分なので、
普段特にお手入れをしていないという人が
大多数ですが、

実は背中は汗腺が多く、
毛穴が詰まりやすいため、
ニキビや肌荒れを起こしやすい場所です。

そこで、
血行を良くして肌の調子を整えるために、
トリートメントやマッサージを
受けることがおすすめです。

シェービングも忘れずに

最後に忘れてはいけないのが、
ムダ毛処理。シェービングです。

挙式の当日
二人のもとに訪れたゲストと、
記念撮影をしますよね。

この時、人からよく見えるのが、
背中や肩、二の腕のムダ毛。

カメラのフレームにきれいに収まるために、
カメラマンからも「寄って、寄って」
と声をかけられるため、

いつも以上に人との距離が
近づくシーンが多くなります。

いくらきれいにヘアメイクを整えていても、
ムダ毛があるだけで、
それまでの美しいイメージが
下がってしまいますよね。

自分では処理しにくい部分のため、
あまり気にならないという人も
多い箇所ですが、
この時ばかりは処理をしておきましょう。

また、おでこやもみあげ、
うなじの産毛も、
アップヘアにした時に
人から目立つ場所なので、
シェービングしてもらいましょう。

素敵な姿で、
幸せな一日を迎えましょう


大切なゲストが集まる挙式、
最高の状態でその瞬間を残したいですよね。

ブライダルエステでは、
自己満足だけではなく、
ゲストに与える印象も大切
ということを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る