ハワイ挙式5か月前の準備②~JTBウェディングプラザ新宿を訪問~

Pocket

ハワイ挙式5か月前。

わたしはハワイ挙式の会場として
2つの教会で迷っていました。

1つ目は、一目惚れした
『セント・カタリナ・シーサイドチャペル』

2つ目は、調べていくうちに気になりだした
『コオリナ・チャペル・オブ・ジョイ』

ちなみに、彼は

『ハワイ挙式の会場、
好きなところにしていいよ』

と、おまかせしてくれる感じだったので
わたしの希望でここまで
決めさせてもらえました。

やっぱり挙式って
すごく理想があるものなので
自分で決めれると嬉しいですよね。

さてさて、
ハワイ挙式の会場が絞られてきたので
今日はウェディング会社
との打ち合わせです。

私たちは数あるウェディング会社の中で
JTBウェディングプラザ新宿を
予約しました。

JTBは今までも旅行で
何度か利用したことがありましたが、
ウェディング専用のJTBカウンター
があることは初めて知りました。

予約していた13時にJTBに行くと、
店内はハワイのパンフレットで
盛りだくさん。

ウェディングドレスまで
飾ってあってもうドキドキでした。

このJTBウェディングゲート、
北海道から九州まで
全国のあらゆる箇所にあるみたいです。

そして、ほどなくして、
打ち合わせがスタート。

余談ですが、
打ち合わせの要所要所で、
JTBのお姉さんがわたしたちを
『奥様、旦那様』なんて
呼びかけてくる場面があって、

なんとも慣れない照れてしまう響きに、
モジモジしてしまいました(笑)

そういうのってなんか
恥ずかしいですよね。

打ち合わせでは、
気になっていた挙式会場候補である
2つのチャペルについて
話を聞かせてもらうことができました。

JTBのお姉さんからの説明によると、
それぞれの教会の特徴はこんな感じでした。

<セント・カタリナ・シーサイドチャペル>
・海外専門で挙式をやっている
グロリアブライダルが手掛けている
・サーファーに有名な海が近くにある
・食事が終わった後に新郎新婦2人で
ビーチへ移動し撮影をする
・バージンロ-ドの長さが長く、
海外ならではのロングバージンロード

<コオリナ・チャペル・オブ・ジョイ>
・業界大手のワタベウェディングが手掛けている
・コオリナ地区というセレブな地域にある
・食事の前にビーチ撮影があるので、
食後のおなかポッコリも気にならない(笑)
・挙式の際に新郎が公開プロポーズする

一言で海外挙式といっても
ビーチ撮影の前に食事をとる教会もあれば
食後に撮影の教会もあり、

挙式前に公開プロポースする教会もあるんだ・・
と知らなかったことがJTBで色々聞けました。

雑誌やネットだとよくわからなかったことも
JTBで話を聞くことによって
だいぶイメージできましたよ。

う~ん、迷います。

そして、それぞれの教会での結婚式の
写真がたくさん載ったアルバムを見せてもらい
ペラペラ・・。

正直どっちも良すぎて
決められなくなってしまいました(笑)

ホント迷いますよね。
優柔不断なわたしにはなんとも困った展開です。

でも、こんなときこそ彼が大活躍です。

私『どっちがいいと思う??』

彼『セント・カタリナ・シーサイドチャペルかな。直感で。』

さすがです!!笑
なんともありがたい即決をもらえました(笑)

そして、この瞬間、
自分が第一印象で選んだ
『セント・カタリナ・シーサイドチャペル』を
彼も選択した、ということに
ものすごく縁を感じました。

そしてその場で
「セント・カタリナ・シーサイドチャペル」
に大決定したのでした。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る