ハワイ挙式時のチップの相場は?ポチ袋には入れる?気になる疑問を解説

Pocket

チップ文化は、日本にはないので
曖昧で分かりにくいですよね。

私もハワイ挙式の際、チップは
どう渡したらいいのか、いくら
渡したらいいのかすごく迷いました。

今回は、ハワイ挙式におけるチップの
マナーについてまとめていきますね。

ハワイ挙式の
チップの相場


ハワイ挙式においては
チップは必ず必要になります。

なので、
「渡すのか渡さないのか」で
迷うことはありません。

ただ、それを誰をどのように
渡すのかという点においては、
迷うところですよね。

一般的にハワイ挙式の際
チップを渡すのは

・ヘアメイク
・ドライバー
・カメラマン
・ウエディングコーディネーター
・式場でお世話をしてくれる方

になります。

ウエディングコーディネーターとは
現地ハワイに到着してからの
新郎新婦カップル様のお世話役です。

これ以外にも当日お世話になった方に
渡すといいですね。

気になる相場は、一律で
20ドルから30ドル位が相場のようです。

私たちもそれぞれの方に
20ドルを渡しました。

とはいえ、あくまで相場なので
特にルールで定められているわけでは
ありません。

日本円にして2500円から3500円
くらいなので、これを例えば
5人のスタッフさんたちに渡すとなると
結構な額になりますが
必要なお金になってきます。

チップを渡すタイミングは?


それでは、それぞれの人たちに
いつチップを渡していけばいいのか
詳しく解説していきます。

タイミングは大きく2つ。

一番初めに「よろしくお願いします」
とあいさつをする瞬間か、

もしくは一番最後に
「ありがとうございました」という瞬間の
どちらかをチョイスする形になります。

ほとんどのケースが、全てが終わった
最後の別れの挨拶のときにチップを
渡しているパターンのようですね。

私たちも最後にお別れする前に
お渡ししました。

リハーサルメイクの時
はどうしたらいいか?


多くの方が挙式前に
リハーサルメイクをしますよね。

その際のチップも迷うところだと
思いますが私たちは
リハーサルメイク時もしっかり
チップを渡しました。

やっぱり当日しっかり
お願いしたかったのと
お互いに気持ちよく当日を
迎えたかったので

個人的にはリハーサルメイクでも
しっかりチップを払うことを
おすすめします。

ポチ袋に入れるべきか?


これも正解は無いようですが
あった方が丁寧なので
あった方がよさそうですし、
渡すときにスマートにできると
思います。

また、ポチ袋の数についてですが
私たちの場合、式場スタッフの方など
思いがけずチップを渡したくなる方が
想定よりも多くいて、少し慌てたので

「チップを渡すであろう人数+
余分に2~3名分」
少し多めに持っておくと
いいかなと感じました。

チップ代だけでも結構お金が
かかってしまいますが
挙式当日、周りの方は
私たちのために本当に一生懸命
力を注いでくれます。

私は挙式後自分たちの式を
支えてくださったスタッフの方に
本当に感謝の気持ちで
いっぱいになりました。

そんな感謝の気持ちは
しっかり伝えたいですよね。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る