ハワイ挙式でドレス持ち込みをする際のメリット・デメリットを聞いてきました

Pocket

ハワイ挙式時、ドレスは自分が好きな
デザインのものを選んで持ち込みたい
と考えている方も少なくないのでは
ないでしょうか?

そこで、現役でハワイ挙式の
プロデュース会社で働く方に
ドレス持ち込みのメリットと
デメリットを聞いてきました。

以下実際のQ&Aの内容です。
まず、気になるのは料金ですよね。

一般的にドレスは持ち込みと
レンタルどちらが安いか?


Q:
ウエディングドレスを持ち込みたい
という人も多くいらっしゃいますが
実際のところ持ち込むことで
料金はお安くなるのでしょうか。

A:
「持ち込みのドレスのお値段次第」
です。曖昧ですみません。

これまでウエディングドレスを
持ち込まれるお客様もたくさん
見てきましたが、

実際「格安」と言えるほど
お安いドレスを持ち込まれる方は
とても少ないのが現実です。

結局、ドレスにはこだわるお客様が
大多数なので、それなりに
良いクオリティのドレスを
持ち込むとなると、

会場に支払う「お持ち込み料」も
込みで計算すると、
結果的にそれほど持ち込みにしても
安くはならなかったというケースも
あります。

この、お持ち込み料についてですが、
ほとんどすべてのウエディング会社が
ドレスのお持ち込みに対して
「お持ち込み料」を請求しています。

会社によってさまざまですが、
3万円前後が平均的な金額
ではないでしょうか。

持ち込み時のメリット


Q:
ドレスを持ち込む場合のメリットには
どのようなものがあるのでしょうか。

A:
まず最大のメリットは
「料金を抑えることが出来る」
という点でしょう。

どのくらいの金額の衣装を選ばれるか
によるところがありますが、
そうは言っても多少は
お安くなることが多いでしょう。

もう一つのメリットとしては、
「ドレスを選ぶ幅が広がる」
という点でしょう。

たとえば、お申し込みされている
ウエディング会社の衣装店で、
どうしても自分の思い描く衣装が
見つからない場合、

お持ち込みをされないのであれば
「その中から一番マシな衣装を選ぶ」
しかなくなってしまいます。

言い方が少々悪かったですが、
つまりはそういうことです。

ただ、お持ち込みを含めて
検討されるのであれば、もし
ウエディング会社の衣装店で
理想的な衣装が
見つからなかったとしても、

別の衣装店でご自身が思い描いていた
通りの理想的な衣装を見つけられる
可能性は大いにあります。

これはやはり大きなメリット
と言えるでしょう。

持ち込み時のデメリット


Q:
それでは、お持ち込みの場合に
デメリットとなることは
あるのでしょうか。

A:
やはり、
ウエディング会社の提携衣裳店
もしくは、自社衣装店の
ラインナップからドレスを選ぶケース
(衣装は持ち込まないケース)
が一般的ではあります。

これは、そうすることによって
大きなメリットがあるからです。

まず、その衣装店が
そのウエディング会社が
オリジナルで立ち上げている
衣装店だとしたら、一番のメリットは

「その結婚式場の雰囲気に合わせて
衣装をチョイスしているはずなので、
どの衣装を選んでもおふたりが
チョイスした式場にピッタリマッチ
する」という点でしょう。

さらには、
もう一点重要なポイントとして
何かしら衣装に関するトラブルが
あったとしてもすぐに
対応してもらえる安心感が
得られるのも大きなメリットですね。

細かい話にはなりますが
ウエディング会社で手配した
衣装であれば、

現地ハワイに到着してからの
ドレスのプレス
(しわを伸ばしたりする事前準備)
も当然スタッフが丁寧に行いますが、

持ち込み衣装の場合は
これらの作業が有料になる場合も
あります。

「当然やってくれるだろうと思って
現地に到着したら別料金だった!」
なんてこともあります。

こういう点がやはりデメリット
と言えるのではないでしょうか。

それでも持ち込みを
検討されるのであれば、
この辺りの細かな点についても
事前に確認されておくことを
おすすめします。

まとめ

今回はハワイ挙式時の
ドレスの持ち込みについて情報を
お伝えしました。

ドレスの持ち込みは
ドレスにこだわりの強い方に
嬉しい選択肢ですよね。

ドレスの持ち込みを検討中でしたら
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る